読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

荒川将来像計画


荒川河川敷を日頃利用するものなら、是非目を通しておきたい。
荒川将来像計画 全体構想書2010(案)



当然のことながら、自転車による事故の増加についても触れられている。




で、自分が気になったのは下記の部分。

(2) 市民活動と行政の連携について

市民活動については、荒川下流部を身近な自然として、「河川環境を活用したい、維持していき
たい」と思う地域住民は多く、現在多くの市民活動が実施されています。地域住民や活動団体によ
る市民活動の範囲は清掃活動や施設修繕、草刈り、環境調査といった河川敷の保全・管理の分野に
も広がり、主体的に実施されている事例も多い状況です。
なお、市民活動の多くは、行政がその責任の範囲で実施している維持管理とは別に、地域住民が
自発的に実施しており、役割分担が明確になっていない状況がみられます。また、市民活動の継続
的な実施に向けて、ボランティアの高齢化と後継者が育たないこと、個人の負担が大きいこと等の
課題を抱える活動団体が多いとの声も聞かれます。
行政側も、社会的背景から財政的に余裕があるとはいえず、行政単独での維持管理が難しくなっ
ている状況がみられます。
このような現状において、市民活動に対して意欲のある地域住民の要望を把握した上で、管理者
と市民活動の役割分担を明確化し、地域住民自ら取り組む活動を継続的かつ効果的・効率的に進め
ることができる「市民活動と行政の連携の仕組みづくり」を展開していくことが望まれています。


官民協働によるスキームって考えられないかなぁ? と思う。
状況として似ているかなと思われるのは、ニューヨークセントラルパークの運営(CPC)のケースだ。
(ニューヨークセントラルパークのケースの詳細は「ハーバードケネディスクールからのメッセージ」を参照)

現状の推測だが、各地域で同様なNPOやボランティア団体が活動しているものの、効果的に活動できていないのだろう。
荒川河川敷全体を環境維持するNPOがいてもよい気がする。


気になる人は、まず「2市7区荒川市民会議」に参加するところからだな。