Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

決戦を振り返って ■試験前日■〜■試験当日■編

■試験前日■

・早めに寝て十分に休息をとる。

⇒私の場合は普段から6時間睡眠。
 いつもどおりの時間に寝て、いつもどおりの時間に起きた。
 寝覚めもスッキリです。

 いつもの習慣の、体重測定(乾燥重量)も忘れずにやる。


■試験当日■

・昼食は早め(11時ごろまで)に取る。
 食後に眠たくなる時間帯が試験と重ならないようにするため

・会場入りは1時間前までに行う。
 移動時間が読める移動手段を使う(できれば自転車で)。
・会場で受付をすませ、席についたらとっとと必要事項を記入する。

 とにかく準備を早めに行い、はやる気持ちを落ち着かせることが大事。

⇒昼ごはんは予定通り11時に取って、12時過ぎには会場入り。
 試験場が徒歩圏内っていうのは非常にありがたい。
 自席で必要事項を記入し、10分ほど仮眠。
 これのおかげで、昼ごはんで多少眠くなっていた頭がスッキリした。

 自分で作成したノートをぱらぱらめくって最終確認。これで気持ちが落ちついた。

 「バッチこーい!」(行け!稲中卓球部

で、この結果は如何に!? 
1ヶ月後が楽しみだ。