Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

Zwift L'Etape du Tour Stage 1

All About the Virtual L’Etape du Tour on Zwift

超「密」なイベントだった。

 

午後に2回走ったが、1回あたりのイベント参加者は4000名以上。

最初から最後まで、周囲は人に囲まれっぱなし。

 

 

コースのゲートとか道路脇に並ぶスポンサーロゴが、ツール・ド・フランスっぽいものに変更されていて、いつものWatopiaが新鮮な感じに。

 

 

今回は、Epic KOM&Radio Towerを登るコースだったので、今が旬な Emonda で走らせてほしかったなぁ。

 

Zwiftさん、トレックバイクのラインナップが他メーカーに比べると古いので、そろそろ更新してください!

 

 

 

 

Zwift ASIA 120km Endurance Ride

f:id:kensuke_jp:20200623081118p:plain

 

今年出る予定だったレースが中止になったので、今は体力を維持する目的で

C グループにエントリー。

 

 

3時間近くのイベントだと、CA600とiPadBluetooth接続が切れることがまれにあるので、そうならないように、CA600とiPadの両方を充電しながら走り出すことに。

 

 

CA600からBluetoothでパワー信号を飛ばしていると、CA600のバッテリー残量が少なくなってくると信号が不安定になるのか? たまに信号が切れる。

CA500のときにANT+でパワー信号を飛ばしていた頃に比べると信号が切れる機会は減ったとはいえ、0じゃない。

 

 

 

takeaction.hatenablog.com

 

 

 

 

 

淡々と70kmほど走ったところで、後ろからA&Bの混成グループが追いついて来た。

A&Bの混成グループに混じって走っていると、充電しているはずのiPadがLowバッテリー状態に。

なぜ?という感じだったが、ACアダプターを差し込んだタップ側の電源を入れ忘れたことに気づく。

 

うむむ、残念・・・

 

一旦止まってタップ側の電源を入れ、後ろからきたC グループに合流しなおし、残り距離を一緒に淡々と。

 

3時間を3.2w/Kgぐらいで。

5月頭と比較すると、CTLが 15以上は落ちているので疲れるのは当たり前か。

 

3年以上CTLで体力管理していると、自分のCTLがいくらだとどれぐらい走れるか予想がつく。

 

Duration:3:00:35

TSS:  192

IF:      0.80

NP:    192

 

NPとTSSが一緒だな。

 

New Emonda

きっと、最高ですよ?

f:id:kensuke_jp:20200619201411j:plain軽さはそのまま、空力性能アップ となれば文句なし。

T47のBB採用と新しくなった部分も。

 

旧Emonda(2018)と新Emonda(2021)の性能差

f:id:kensuke_jp:20200619201448p:plain

 

それぞれの数値の前提は、

・平坦なところを350W平均で1時間走った場合

・8.1%の登り勾配を350W平均で1時間登った場合

・真正面からの空気抵抗

で、すべての項目で「新Emondaのほうが優っている」らしい。

 

これ見ると旧Emonda(2018)よりも登りが速くなってるって、凄いことな気がする。

 

 

 

 

 空気抵抗(Drag)の比較f:id:kensuke_jp:20200619201503j:plain

空気抵抗(Drag)のグラフはメッセージが明確。

どの角度からの風でも、新Emondaの方が空気抵抗が小さい。

0°のときの差が、182gってことで。

 

 

開発者のコメントでは

空気抵抗における182gの差は18W/hになるとのこと。

これが平坦路を1時間(350W平均)走ったときに 60秒という差の根拠らしい。

f:id:kensuke_jp:20200620171553p:plain

f:id:kensuke_jp:20200620171606p:plain

 

 

傾斜によるタイム差

このカラフルな線がタイム差(秒)らしい。

真ん中は旧Emonda(2018)による基準値であり、

左側はタイムが短くなる(速くなる)

右側はプラスが長くなる(遅くなる)

 

0%(つまり平坦)のときは、新Emondaが60秒 速い

f:id:kensuke_jp:20200620172943p:plain

 

4%の登り勾配のときは、新Emondaが35秒 速い

f:id:kensuke_jp:20200620172954p:plain

 

8.1%の登り勾配のときは、新Emondaが18秒 速い

f:id:kensuke_jp:20200620173003p:plain

 

 

へー そうですか。

ちなみに、私のは基準値バイクの旧Emonda(2018)

350W平均で1時間走れないから、仮に新Emonda(2021)に乗っても差はそんなにないはず(キリッ)

 

 

 

でも、いつか実車に乗ってみたいぜ。

 

 

 

 

6月30日までなら、キャッシュレス・ポイント還元5%だから、Paypayとか使えるお店で購入すればいいんでない?

その前に、私の懐がキャッシュレス・・・

www.all-senmonka.jp

 

 

 

NTC コアトレーニング

f:id:kensuke_jp:20200615200711p:plain

Nike Training Club(NTC)

Zwiftよりもこれを起動することが多くなってきた。

今年ダウンロードした中で一番だね。

 

 

 

無料アプリで、いろんなトレーニングが選び放題。

鍛えたい部位にあわせたトレーニングや、機材(ダンベルやケトルベルなど)も使うトレーニングも豊富にある。

 

1回15分程度なので、スキマ時間に手軽にトライできるし

ちゃんとウォームアップやクールダウンも1回の中に入っている。

わかりやすい動画解説ととともに、やる気を継続する仕掛けがあるのは嬉しい。

 

 

 

自転車だけでは鍛えにくい、コアを鍛えるに活用中。

レーニング本の絵と文字をみてやるのでは続かないところ。

 

 

www.nike.com

 

Zwift Runを始めるには? Wahoo TICKR X

youtu.be

 

 

Stay homeな期間が長くなり、衰えた足腰を鍛えるためZwift Runを活用したいところ。

 

新発売されたWahoo TICKR Xを使うと、これだけで

  • 心拍計
  • ランスピード      (従来フットポッドで計測していた部分)
  • ケイデンスセンサー  (従来フットポッドで計測していた部分)

の機能を提供してくれる。

 

しかも、ランニングで必要な機能が搭載されていて

トレッドミルモードを搭載(この機能がZwift Runを行うときの要)

・ANT+によるアプリによるランニング分析が可能

・内蔵メモリーがあり、一切の記録デバイススマホやスマートウォッチ等)を持たずに走っても、TICKR X内で心拍数を記録し後で取り出せる

・電池寿命が格段に伸びた(500時間)

・新しいBluetoothに対応し、複数デバイス(3つ)に同時接続が可能

 

https://jp.wahoofitness.com/devices/heart-rate-monitors/tickr-x/buy

 

  

早速Zwift Runで試してみた。

 Wahoo TICKR Xだけで、Zwift Runがいつでもどこでもできるのはとてもお手軽。

 

 

 

 

 

準備するもの

初めてZwift Runを行う人は

初めてのランニングに向けて準備しよう

の一読をおすすめする。

 

今回は、Wahoo TICKR X(2020年版)だけを使ってZwift Runを行うので

用意したのは以下のもの。

 

スマホ(Zwiftアプリが動くもの ):iphone 8iOS

心拍計Bluetooth接続できるもの):Wahoo TICKR X(2020年版)

フットポッド(Bluetooth接続できるもの):不要(Wahoo TICKR Xがその機能を提供)

 

Wahoo のサイトから購入可能

 

 

Zwift Runを始めるための準備

 

スマホにWahooアプリを導入する。

f:id:kensuke_jp:20200607115459p:plain

https://jp.wahoofitness.com/fitness-apps

 

 

Wahoo TICKR Xを身につける。その際、心拍を拾うベルト部分を少し湿らすこと。

 

 

 

スマホBluetoothがオンになっていることを確認のうえ、Wahooアプリを起動し、TICKR Xを追加登録する。

 

 

 

 

 設定画面で、センサーを選択

 

 

 

 

新規のセンサーを追加 を選択

 

 

日本語訳がおかしいが、

新規のセンサーを急速にペア を選択する

 

 

Bluetooth経由でセンサーを検出中

 

 

 

 

検出された、TICKR X xxxx を選択する

 

 

無事接続できたら、センサーを保存 を選択

 

 

このセンサーを使うワークアウトが予め選択されているので、

そのまま 完了 を選択する。

 

(超重要)TICKR Xの初回のキャリブレーションを必ずおこなう

 

Wahoo TICKR Xを使ってZwift Runを行うために、必ずWahooフィットネスアプリを用いて、TICKRXの初回キャリブレーションを行うこと。

WahooアプリでTICKR Xの初回のキャリブレーションをしていない状態では、TICKR XをZwift Runに認識させても、アバターはピクリとも動かない(経験談

 

ちなみに、Zwift Runの接続メニューにもキャリブレーションボタン(レンチのアイコン)があるが、TICKR Xの初回のキャリブレーションのためには使用できない。

初回のキャリブレーションを実施済みであれば、Zwift Runのレンチアイコンでのキャリブレーションが行えるようになる。

 

 

センサーの画面で、キャリブレーション を選択する。

(ちなみにその下の センサーを忘れました は、実際にはこのセンサー情報を削除することを示している。日本語訳おかしい・・・)

 

 

トレッドミルの速度を決めて、2分調整もしくは6分調整を選択する。

6分のほうがより正確なのでオススメ。

予めトレッドミルの速度を一定ペースに合わせた上で、開始を選択する。

2分間一定ペースで走り続けられる速度に合わせるのがよい。

 

 

 

2分間一定速度で走り終えたら、その速度を入力しOKを選択する。

トレッドミルで走行した際、設定した速度がわかっていればそれを反映すればよい。

ここでは、6:03/km に設定している。

 

 

 

初回のキャリブレーションの結果が、TICKR Xに反映された。

 これで初回のキャリブレーションは終了

 

 

あとは、Zwift Runを起動し、TICKR Xを認識させる。

の順に、TICKR Xを認識させればOK。

 

心拍計

 

ランスピード

 

ケイデンスセンサー

 

これで準備完了

 

 

あとは走るだけ!

 

 

参考情報

Wahoo TICKR X のマニュアル

https://jp.wahoofitness.com/instructions/tickrx

 

 

ランニングに関するFAQ

support.zwift.com

 

ランニングに関するトラブル

support.zwift.com

 

 

Zwift Runを室内(トレッドミルを使って)で行う場合は、正確な速度が記録されるようにキャリブレーションを行ったほうがよい。キャリブレーションのやり方は下の動画で

www.youtube.com 

 

 

佐渡国際トライアスロンは中止

f:id:kensuke_jp:20200606102643p:plain

2019佐渡トライアスロン・記録写真 より

 

 

 

ニセコクラッシックの中止を知ってから、しばらくするともう一つ中止連絡が来た。

www.scsf.jp

佐渡は観光・グルメと楽しみが多いので、このイベントを楽しみにしていたが、今年は仕方ない。

 

来年以降、Covid-19の状況が落ち着いていたら、またチャレンジしよっと。

 

 

 

 

 

ニセコクラッシックは中止

 

 UCIグランフォンドは、各地で延期もしくはキャンセルが相次いでいる。

www.sport.be

 

 

日本のニセコクラッシックもどうなることやら?とおもっていたら、

予定を1ヶ月近く前倒し(!?)して、正式に中止発表が届きました。

nisekoclassic.com

来年もニセコクラッシックには出る予定だし、寄付扱いにしておくつもり。

 

 

 

今年は人生の基礎体力をつけることに専念しよう、そうしよう。