読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

ZWIFT ASIA 100km

Zwiftのイベントをカレンダー形式でみるにはこれがいい。

Googleカレンダーに取り込みやすいし。

teamup.com

 

今日もMany Troubleな日だった・・・

 

スタートしてから50kmぐらいまではずっとフロントグループ内で悠々と走っていたが、突如パイオニアペダリングモニタが全くシグナルを拾わなくなり、万事休す。

30秒停止した後漸く復活。

 

フロントグループはそのままのペースで走ってるので、平坦コースで30秒差は絶望的。

平坦コースだと、出力がそのままスピードに直結するため、追いつくためには、出力を思い切り上げないと差が縮まらない。

 

仮にグループが200Wで走っていたら、追いつくには300W以上を出し続けないといけない。しかも追いつくまでには5分以上はかかる。

 

(登りコースなら、単純な出力ではなくw/kgが効いてくるので、もっと低い出力でも差を詰めることが出切り場合あり)

 

 

1周ゆっくり流して再合流するのを選んだが、フロントグループの再合流した途端に、またしてもパイオニアペダリングモニタが全くシグナルを拾わなくなる。。。マジっすか。

 

 

グループライドは諦めたものの、(グループライドしているときと同じく)出力200Wをキープして走る。

おかげで、狙ったTSSはちゃんと確保できた。

 

このZwift イベントは、冬場のロングライドのトレーニングに最適なのでありがたい。