Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

マウンテンサイクリングin乗鞍

今の実力どおりの結果というべきだろう。
たらればはない。



リザルト

クラス   ロード男子D
タイム   01:10:54
順位    40位



レース準備

いつもの生活リズムがいいみたい。
よって、レース前日はビールを850ml飲んで、レース当日は、スタート3時間前におにぎり2個+もちっとロール1袋を食べる。



4:30 起床
5:00 朝食
6:30 ウォームアップ開始
7:30 ウォームアップ終了⇒そのままレース会場へ移動
8:02 レーススタート



レース時のボトルには200mlぐらいの水のみ。あとはCPごとに水分をもらえばよし。


レース状況

スタートとともに元気のある人たちがハイペースで飛び出していく。
最初は自分も流れに逆らわずに一緒にいくが登りに差し掛かると280W近くでており自分にとってオーバーペースであり、速攻で連結を切る。こちらは後半勝負なので多分見送った人たちをいつか抜けるだろうと思いつつ自分のペースに戻す。

で、周りを見渡すとあれ?近い番号の人がほとんどいない...ということは、本日個人TT決定(TT)


ここから出力と心拍をみながら走ることになる。



その後、多少脚のあう人と離れたりくっついたりして走るのだが、道中自分よりペースが速い人たちについてしまい後ろの人に交代をお願いする。
すると、後ろから上がってきたのはGIROジャージ(nakamuraさん)。こんな速いGIROの人が同じクラスにいたんだ!と心強く思い頑張って後ろにつこうとするが、同じペースは無理と判断してここでもお見送り。そのまま、皆さん見えなくなってしまった。


そうこうしていると、中間地点が近づいてきた。

この後斜度がきつくなるのが分かっているので、気合を入れなおしてケイデンスを落とさぬようにひたすらシッティングで登る。ただし、斜度のきついところ(10%越え?)だけはダンシングを織り交ぜて走っていると、抜き去られたGIROジャージの方が見えてきた。よし、吸収するぞ!

その後もペースを落とさぬようにシッティングで登りつづけるとCP2が見えてきた。あと5km!

CP2の通過タイムをみると、予定より若干遅い。だが、CP2で水を飲んで元気が出たので、あとひと踏ん張りとケイデンスを落とさぬように軽めのギアを選択。

最後の200mぐらいは渋滞していて、もがけず終了。

今の自分にできることはやったと思う。



計測データ(詳細) 
スタート〜CP1:
Duration: 19:33 (21:04)
Work: 289 kJ
TSS: 29.4 (intensity factor 0.961)
Norm Power: 250
VI: 1.01
Pw:HR: 5.83%
Pa:HR: 4.21%
Distance: 6.73 km
Min Max Avg
Power: 0 411 247 watts
Heart Rate: 104 177 171 bpm
Cadence: 27 109 94 rpm
Speed: 3.6 30.8 20.6 kph
Pace 1:57 16:40 2:55 min/km
Crank Torque: 0 40.9 25.3 N-m


CP1〜CP2:
Duration: 31:18
Work: 439 kJ
TSS: 43.6 (intensity factor 0.914)
Norm Power: 238
VI: 1.02
Pw:HR: 4.62%
Pa:HR: 14.84%
Distance: 8.539 km
Min Max Avg
Power: 3 557 234 watts
Heart Rate: 165 178 172 bpm
Cadence: 46 116 84 rpm
Speed: 9.3 28.9 16.3 kph
Pace 2:05 6:27 3:40 min/km
Crank Torque: 0.5 64.9 27.3 N-m

CP2〜ゴール:
Duration: 20:28
Work: 275 kJ
TSS: 25.7 (intensity factor 0.867)
Norm Power: 226
VI: 1.01
Pw:HR: 1.55%
Pa:HR: -1.04%
Distance: 4.932 km
Min Max Avg
Power: 49 433 224 watts
Heart Rate: 166 176 172 bpm
Cadence: 44 105 74 rpm
Speed: 8 23.5 14.4 kph
Pace 2:33 7:30 4:10 min/km
Crank Torque: 5.8 60.7 29.4 N-m