Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

インドでの悲劇


悲劇は昨晩起きた。


19:30 SEWA支部の農村から車で移動する。
21:00 Gingerホテルに到着。大急ぎで荷物をとりに戻って着替える。
21:20 Gingerホテル前でリクシャーを捕まえて飛び乗る。
21:49 Ahmadabad Railway Stationに到着する。
21:50 列車が出発する。私を乗せないまま(TT)


あー、インターネットで調べまくって入念に計画しておいた夜行列車での旅がパーですよ...



で、仕方ないのでまずは朝一で列車のチケットのキャンセルをインターネットで行う。
(23:30−5:00までインターネット予約システムが使えない)

で、引き続き新しく列車のチケットのインターネット予約をクレジットカード払いしようとすると、
「あなたの利用額を超えているか、有効期限が間違っています」と表示され、なぜか支払いができない。

先週土曜にやったときは問題なかったんだけど...


で、多少むかつきながら別のクレジットカードでやっても同じ結果。


ふむ、これらのカードは今週使ってないし引き落としなどもちゃんとできているので問題ないはず。
ということはこの予約サイトの問題か?と推測して、予約サイトのサポートセンターが開くのをまって(10:00)電話をかけてみた。


すると、列車チケットをインターナショナルなクレジットカードで支払いは今は一切できないとのこと。
(いつまでの続くものか、何が原因なのかも聞けずじまい)

つまり、選択肢として
1.駅に行って現金払いにて列車チケットを購入
2.インターネット予約ができるよう、支払い可能なクレジットカードを入手



で、かなりむかつきながら1を選択し、はるかかなたにあるAhmedabad Railway Stationまで移動。




駅にいくと、まずどこでチケットを買えばいいかわからない(^^;

どうやら、Enquiry(エンクワイアリー)というのが総合案内的な窓口らしくまずは最初に聞きに行く。
インドでは平然と列に割り込んでくる輩が多いので、ちゃんと割り込みを阻止(注意)しなければ自分の番が回ってこない。

で漸く窓口についた。
「Jodhpur行きの列車のチケットを手に入れたいんですけど....」
「Jodhpurね、3番窓口! 次!」
ま、窓口わかったのでよしとしよう。



で、3番窓口に行く。
暫く待って窓口についた。
「Jodhpur行きの列車のチケットを手に入れたいんですけど....」
「ここじゃないよ、23番窓口にいきな」
「....え?それってEnquiryのことでしょ。さっき、Enquiryの人にここに行けっていわれましたよ」
「じゃあ、7番窓口へいきな」


インドでは油断すると「スタートに戻る」が待っている。




たらい回し気味なのにむかつきながら、7番窓口に並ぶ。
ここも結構人が並んでおり、割り込みさせないためテールツーノーズというよりは前の人に合体している感じ。
しかもむさくるしい男2人に挟まれているもんだから暑すぎ。

ひたすら待って、漸く窓口についた。
「Jodhpur行きの列車のチケットを手に入れたいんですけど....」
「ここじゃないよ、隣のビルのResistration Centerにいきな」
「さっき、7番で買えっていわれたんですけど...」
「ここじゃないよ、隣のビルのResistration Centerにいきな」





かなりむかついてきた。でもゴールは近くなっている気がする。

で、駅を出てお隣のビルを探すと確かにResistration Centerなるものがあった。
どこにいけばいいかわからないでいると、Enquiryの文字が!
ここがスタートに違いない。
Enquiryの窓口に並ぶ。
先ほどより格段にレベルアップした割り込みを、あらゆるもの(手・体・声・視線・鞄)を駆使して阻止しつつなんとか窓口にたどり着く。
「Jodhpur行きの列車のチケットを手に入れたいんですけど....」 何回目だっけ?この台詞。
「お前はWaitingListの9番だ」
「...でどうすればチケットが手に入るですか?どこで手に入れればいいですか?」
「隣の窓口でいつでもOKだよ」


くぅ...また並ぶのか...正直疲れてむかつく気力もうせている。
で、隣の窓口で再度並ぶ。
前にいた爺さんやおっさんがチケット購入に際してオフィサーにいろいろいちゃもんつけて長い長い...
でやっと窓口についた。
「Jodhpur行きの列車のチケットを手に入れたいんですけど....」 となげやりな口調。
「今日の夜行列車の座席に空きがない。よって無理だ。」
「座席のクラスを変えたらどうかな?WaitingListが短いのがあったりしない?」
「他のクラスも空きはない。バスか飛行機か他の手段を考えてみて」
「Jodhpurでの予定も、ホテルの予約もはいっちゃってんだよ。どうしても今夜の列車でJodhpurにいきたいんだよ!!
「...わかった。とりあえずチケットは購入できるがWaitingListがある限り乗れないよ」
「仕方ないがそれでいい。購入するよ(万が一WaitingListのまま乗れなかった場合はRefundという手段があるし)」



で漸くチケットを入手。
はぁー疲れたよ。


昨晩あと5分早く駅について、列車に乗れてれば全く問題なかったのにな−




インドでは自分のやりたいことを意思表示しつづけて突き進むしかない。
  



で、この後の列車に無事乗れたかはお楽しみ。