読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

富士ヒルクライム


今までで一番の天気だった。
で、タイムが一番よかったかというとそれは別の話。
(というのもタイムをはかりそこねたので正式発表をまたないといけない)


当日のタイムスケジュール
こんな感じ。会場近くだと準備に余裕が持てて安心。

4:30 起床 → すぐに朝食。その後着替え
5:40 ホテル出発
5:50 レース会場着 → 手荷物を預けそのままウォームアップへ 
6:50 スタート位置へ集合




レースの模様


同じスタートの組には800人以上いる模様(3000−3800番台)。
ただ、計測開始地点が料金所にあるのでそれまでのパレード走行中にバラけるので心配はない。


計測開始地点(実際には料金所のちょっと手前だった)にきたらレース開始!
で、意気込みすぎて心拍上げすぎ(TT)。
ペースを幾分か落とすものの心拍は高い状態のまま推移していた。まずいなー


その後も淡々と走っていたが単独走行の割合が高かった。3合目あたり(?)でGIROの方に抜かれる。かなりこちらはイッパイイッパイな状態だったので、少し声をかけるも付けずにそのままお見送り。その後も速度が近い人とくっついては離れてを繰り返しながら5合目を目指す。

最後の平坦区間はちょっとした集団のまま40kmオーバーで進みそのまま最後の斜面へ!腰を上げてみるものの、今年一度もスプリント系の練習してなかったので出来るわけがない。
あっ!という間に脚が売り切れ、蚊が止まるような速度で登っていたら今中さんにも最後にぶち抜かれた。



タイム 01:14:08
平均心拍  170bpm
平均ケイデンス  80rpm前後(計測しておらず不明)
メインギア  34×18〜21


・去年は92rpm    34×19〜23をメイン
・今年は80rpm(?) 34×18〜21をメイン

今年は重めのギアを踏んでみた。去年にくらべて44秒縮まったものの順位はほぼ同じ。それだけ。
無念...






レース終了後

GIROのuedaさん、furukuawaさんに5合目でお会いした。GIROジャージって、意外と似ているチームがあるため、危うく「GIRO頑張れ!」と見ず知らずの人に声をかけそうになった。

uedaさんには同じスタート組にもかかわらず途中でぶち抜かれていたため、おそらくGIROトップタイムじゃないかな?furukawaさんはMTBクラス入賞はかたいでしょう。


荒川練でいつもご一緒しているe-streamのYoshinoriさんにも山頂で会いました。なんとタイムは1:15台とな!?有言実行とはすばらしい。それにくらべて私は....


家族をホテルに待たせていたので、皆さんへの挨拶もそこそこにAM9:00には下山開始。先導車のすぐ後ろを下っていると、ツールド草津の下りでもお見かけしたチームの方に遭遇。
外国の方のようなので、「日本語しゃべれます?」と英語でしゃべりかけると流暢な日本語で返事が返ってきた。御見それしました。
TEAM NFCCというチームの方(Tomさん)で、今月末の美ヶ原に出るとのこと。奥多摩あたりが練習場所みたいでうらやましい限り。夏の奥多摩練あたりでお会いできるかも!?