Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

TTバイク ポジション調整

9月のレースにむけてTTバイクで練習し始めたものの、どうもしっくりこない。

 

9月のレースでは、バイクだけで3時間あるので、

  • 3時間乗ってもお尻が痛くなりづらく(毎回1.5時間過ぎからお尻痛に悩まされる)
  • 出力をキープしやすく(同じ筋肉を使い続けると後半に垂れる)
  • 空力的にも優位である(終始ソロライドなので)

ポジションにしてやる必要がある。

 

となると、ある程度の時間、出力キープして走る練習しながら微調整していくのが一番。7月、8月の週末練習の定番はこれ。

工業扇をMAXにして、ボトル3本と補給食をもって出走。

 

ASIA 120km Endurance Ride

f:id:kensuke_jp:20190721210259p:plain

 

TTバイクでどこまで行けるか。

Bクラスだったが、統制が取れているおかげで終始ペースは心地よい感じ。

サドルをSMPからSpecializedに変更したおかげで、お尻の位置を前後に移動させやすくなり痛みも出づらく最後まで問題なくいけそうとおもっていたら、1.5時間したところでパワメからの出力信号が不安定になり 0w ・・・無念。

最近この手のトラブル少なくなっていたとおもったのにー。

 

 

でも、この時間走ることで得るものはあった。

  • サドル位置は1.5cm後ろに引く(お尻と脚の後ろ側の筋肉を使いやすく)
  • パッドの位置を左右1.5cmずつ外側に移動させる(僧帽筋の突っ張りがなく、前傾姿勢をキープしやすく)

 

また来週も走ってみて調整しようっと。

 

 

そういや、9月のUCI Gran fond World Championshipへのお誘いきてたな。

家族に話したら、「ポーランドに行こう!みんなで行こう!」って盛り上がっちゃって・・・。

 

同じ日に、私は佐渡で大会なんす。

美味しい佐渡のお米貰って帰るつもりなので、それで勘弁してください m(_ _)m