Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

チーム練 今年のピークパワー

 

いつもより長めに桜が見れてます〜

 

 

今日はチーム練に参加

 

7:30の集合場所には15名ほど。

中には6月の全日本に出場予定の若者くん(U17)もいる ((((;゚Д゚)))))))

 

今日のマイルールは、TSS稼ぎのために、出来るだけ自分を追い込む走りをすることに。

 

スタートすると、ちょいちょいアタックあるものの、こちらは脚があったまってないので様子見。30分ほどして脚があったまったので前に上がることに。

 

 

ちょっとした登り区間を経て、5名程度の逃げ集団が出来る。

そこからは中間地点まで逃げ切ることを念頭にローテーションを開始。

 

 

細かなアップダウンを経て少しずつメンバーが減り、3名だけに。

構成はおっちゃん2名と若者くん1名。

おっちゃん達はもうアラフィフ世代。

若者くんは16だって。うちの子供と同い年だよ・・・

 

中間地点までのどこかで連結解除したいと考えたものの、ほぼ平坦なレイアウトだったで、ハイペースのローテーションをおこなうことで、少しでも後半にむけてダメージを蓄積していただく作戦に変更。出力のかけ方を間違えると自滅しちゃうのでちょうど良いさじ加減に出力をコントロール

 

 

つまりは、勝負は中間地点を過ぎてからの後半っす。

 

 

案の定、若者くんは連結解除出来ず中間地点に到着する。

ここでトイレ休憩を少々。

後半戦は登りっぽいところが2つあり、下から上げていけば、どこかで連結解除できるはず。

 1つ目の登りに差し掛かり、若者2名に続いて登り出す。斜度があがるところで一気にペースを上げて垂れないように最後まで踏ん張る。1分程度かな。

後ろを見ると、2名ともどうやら切れた模様。

あとはマイペースで出力を維持する感じで走りつづける。FTP以下なのでそんなに疲れもたまらないし、追いつかれても次がある。

 

2つ目の登りにさしかかる直前の信号までに、無事吸収される(^^)。

2つ目の登りも若者2名に続いて登り始めるが、こちらも斜度があがるあたりで、前が少しペースが緩んだ際に一気に引き離す。ここは一気に加速して後ろにつかせないほうが良い感じ。

 

信号ストップで吸収されたあとは ローテーションを繰り返してゴール地点まで。

 

 

ゴール後に、若者くんに話を聞いてみると、個人でバイクをスポンサードされているとのこと。戦績残してる人にはちゃんとスポンサーがつくんだね〜。

伸びしろだらけだとおもうので、きっと全日本でもいい走りを見せてくれるに違いない(親目線)。

 

 

 

Duration:2:39:26

TSS:       228

IF:           0.93 

 

 

ちゃんと出力を上げるべきところで上げることができたのでよし。

昨日Zwiftのワークアウトをやっていたが、TSS70程度だったのと高ケイデンスのメニューだったので脚のダメージはなく、むしろ良く回ってくれた感じ。

今年のピークパワー(5sec, 1min , 5min)が出せていたので、若者くんに感謝だな〜。