Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

マッサージの効果

40分コース愛用中

 

 

 

 

若い頃なら一晩寝れば回復していたが、アラフィフになるとそうはいかない。

 会社の福利厚生でマッサージを格安(40分1000円)で受けることができるので、練習で疲れが溜まると必ずマッサージを受けることにしている。

 

 

マッサージを受ける目的は

疲労を軽減し、素早く回復させるか?

であり、素早く回復できれば、その次のトレーニングやレースに向かうことができる。

 

レベルは違うが、ツールドフランスでもチームにマッサージャーが帯同し、選手たちは毎日レース後にマッサージを受けている。

 

 

 

レーニングを終えたあとには、ストレッチやセルフマッサージなど実施することはあるが、流石にカバーしきれない部分がある。そんなときに、プロのマッサージャーにお願いすることにしている。

 

疲労を軽減できるかは、実はマッサージャーの腕次第

 

 

予約時に、マッサージャーが誰になるかはわからないのだが

  • 男性のマッサージャーはゴリゴリ系
  • 女性はマッサージャーはマイルド系

という感じで、自分は筋肉量も少ないのでマイルド系のほうがあっている感じがする。

 

※男性マッサージャーだと、力加減強めからスタートするので「お手柔らかにお願いします」と毎回頼むことに。

 

 

とても上手な女性マッサージャーの方が1人いて、「予約時に指名することできますか?」と聞いてみたら「指名はダメよ♡」とやんわりお断りされました。

 

 

シフトを見越して予約を入れるしかない。

 

 

 

 

 

 

マッサージの必要性

プロのマッサージャーのとしてとても有名人な方ですね

中野喜文 インタビュー – ENJOY SPORTS BICYCLE

 

 

 

セルフマッサージの基本テクニック

www.cyclesports.jp