Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

チーム自主練 今季最速

 

 

集合場所には全部で11名。

盛況っす。

 

 

このコースを走るのは、今年最後の予定。

仕上がり具合の確認と、レース機材・装備をチェックしておくつもり。

 

 

今日のマイルールは

  • レースを想定し、最後まで強度を落とさず走る

こと。

 

 

 

 

スタートしてしばらく進行してから、人数が多いため2グループに分かれて走行する。 

前のグループに重量系、後ろのグループに軽量系とわかれちゃったものだから、前グループからどんどん離されていく・・・orz。

 

でも、きっと前グループはどこかで待ってくれるでしょ(楽観)。

 

 そんな願いが通じたのか、前グループがストップしていた。

メンバーの1人が、フロントのSTiレバーのご臨終によりフロントインナーにしかならない様子。メカトラなら仕方ないっすね。

 

 

その先の、斎藤坂(Stravaのセグメント名)をこなすが、赤いジャージくんが最後まで先頭固定。やばい、復活している・・・

ということで、本日は赤いジャージさんを徹底マーク&どこかで抜け出しすることに決定。

 

鹿野山を登りだすと、案の定赤いジャージさんが先頭固定。

ペースの上げ下げがほとんどないので離される心配はないものの、ずっと速いペースなので全く前に出れる気がしない・・・。

後ろから赤いジャージさんの走りを見ていると、麓からずっとアウターに入りっぱなし。こっちはずっとインナーに入りっぱなし。速い人ならここはアウターなんでしょうな。

漸くインナーに落としたのは残り1kmぐらいのところ。背後に息遣いが聞こえなくなっていたので、残りは我々だけ。

といっても、私が先に出れるはずもなく(資格もなく)、最後の直線で10秒ほど離されてゴール。

 

 

 鹿野山を下ったあとは

  • 大野台
  • 森永高滝CC西
  • 射撃ヒル
  • 高滝湖前KOM
  • ダイヤモンドカッター

 ※上記はすべてStravaのセグメント名

 

と登りをしっかり踏んでペースが落ちないよう頑張る。レースだと登りで誰かしら動く可能性があるし。

ダイヤモンドカッターでは、うっかり軽いギヤを回しすぎたのか、登りで危うく脚が攣りそうに・・・

 

 

鶴舞を通過する時点で、6名は残っていた気がする。

鶴舞からの平坦と下りをこのメンバーでローテーションし、原田交差点まで。

 

 

うぐいすライン真ケ谷の登りが始まると、もう全員無口(^^)。

残りの登り箇所のどこかで抜け出さないと(個人的に)負け確定

 

 

ペースはそれほど上がらずほぼ団子状態でクリアし、その後の下り箇所をローテしながら走る。途中の小さな丘で2名が抜け出すものの、さほど大きな差にならず。

 

うぐいすライン大桶では、6名がほぼ揃って登り始め、徐々にポジションを前に進めて根性ダンシングで先頭通過する。

とはいえ、結局平坦区間ですぐに追いつかれて、残った4名でローテーションしていく。脚に力をいれるとピキーンときそう。。。

 

 

 

 

 

神崎交差点を通過するときに、本日のラップを計測すると

今季最速

メンツの濃さと各個人のモチベーションの高さのお陰っす。

本当にキツかった。

 

 

 振り返ってみると、最後まで強度を落とさず走り切れた気がする。

仕上がり具合の確認とレース機材・装備のチェックはしっかりできたので、レースで焦ることはなさそう。

 

残りの期間、おきなわに向けてコンディションを整えておきたい。

 

 

 

データでの振り返り

 

Duration:3:25:37

TSS:  306.9

IF:   0.95

 

  

 

 

最強エアロロード S-WORKS VENGE。

下り坂で、私がこのバイクのすぐ後ろについているに、先頭を走るこのバイクに離されるってどういうことですか・・・乗り手の体重はそんなに変わんないはずなのに。

平地・下りでこのバイク見たら先を譲るべきです。

 

マジ速いっす。