Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

Eat. Race. Win.

f:id:kensuke_jp:20181008163809j:plain

 

最近気になっていたのは

  • 以前と同じメニューなのに、後半に体が持たないな
  • 練習後に疲れがなかなか抜けないな
  • 食事や睡眠を十分とっているはずなのに、疲労回復が遅いな

といった、「身体の疲労回復」に関するところ。

 

 

レーニングを継続的にやるようになってからは「いかに疲労回復を早めるか」が重要に感じる。年齢とともに疲労回復が遅くなってきているとはいえ、疲労回復しないことには、次のトレーニングが満足にできないからだ。

 

 

疲労回復の観点から

  • 練習後のクールダウン
  • プロテインアミノ酸など栄養補助食
  • マッサージ(セルフマッサージを含む)
  • 睡眠

など、改善に取り組んできたものの、食事はあまり見直していなかった。

栄養補助食はあくまでも「補助」であり、身体に必要な栄養は食事から取るしかない。

 

 

 

 

そんなときに出会ったのが「Eat. Race. Win」

 

 

 

このドキュメンタリーに出てくる、下記のフレーズはシンプルだが真意だ。

 

 

 

 

このドキュメンタリーでは、ツールドフランスのプロチーム オリカ・スコットの選手達に提供される「食事」とその食事を出すシェフ達にフォーカスされていて、レースそのものが華やかな表舞台だとすると、「食事」がその表舞台を支えているかが垣間見れた気がした。

 

「最高の燃料を提供する」 

ってなんていい響きだ(^^)

 

www.amazon.co.jp

 

ホビーレーサーでも食事に気を使うだけで、かなりパフォーマンス向上が見込めるのではないかな?

 

食事に気を使えば、単なる減量という観点だけでなく素早い疲労回復やパフォーマンス向上につながる余地がまだまだありそう。

 

 

 

 

自分の体は食べたものでてきていると考えれば、万年貧血気味な私はどげんかせんといかん。

 

 

  

 

https://www.hannahgrant.com/tv-show-launch-eat-race-win/