Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

ツールドおきなわにむけた、Zwift Planの活用法

f:id:kensuke_jp:20180915190205p:plain

 

今年も出場しちゃいます、ツールドおきなわ

一年の締めくくりだし、しっかり準備してからいきたいところ。

 

というわけで、今年は新機能のZwift Planを上手く使ってコンディションをあげていきたい。

 

 

 

なにを選択するか?

 

ツールドおきなわでどういう走りが求められるか? を考えると、

100kmを走る間に

  1. 20minほどの登りを1本走り終えたら、
  2. 1〜5minの小刻みのインターバルをひたすら繰り返す

という感じ。

Zwift Planを使うなら、集中して取り組むためにも「弱点の強化」に絞るべきかなと。

そのほうがトレーニングによる効果が実感しやすいし、実際のレースでも、弱点を一回突かれてそのままレース終了〜 にならないようにしないとね。

 

 

どれだけのトレーニングを行うか?

 

Zwift Planはいろんなメニューがあり、強度やトレーニングボリュームも様々。

 

自分の場合は、一週間のトレーニングを

  • 平日 Zwift (2〜3回)
  • 週末 ロングライド(1回) +Zwift (1回)

で組み立てているので、「平日の想定トレーニング時間」にあわせてZwift Planを選択した。

 

 

https://whatsonzwift.com/workouts/build-me-up

f:id:kensuke_jp:20180915192233p:plain

 

Duration 4h42m /Week とあるので、Zwift ワークアウトとして 3〜4回が目安

 

つまり

平日分 Zwift(2回〜3回)   ≒  3時間 〜 3.5時間 

週末分 Zwift(1回)       ≒  1時間 〜   1.5時間

と、平日と週末に上手く分散させればいけると考えた。

これ以上は、睡眠時間とか削らなきゃ無理。

 

 

 

計画をこなせなくなったらどうする?

 

素直にスキップする(^^)

 

Zwift Planのいいところは、

  • Zwiftワークアウト後に必ず休憩が強制的に入る(8hとか10hとか)
  • Zwiftワークアウトをスキップして次に進める

ので、「宿題が溜まってきたので、一日で一気にこなす」という荒業ができない。

 

つまり、Zwiftワークアウトを1つずつこなすしかない。

特に、おじさんには回復時間が重要なので、休憩が強制的に入ってくれるのは嬉しい。

 

 

 

いつやるか?

 

今じゃない。

 

平日は、自分が「確実にトレーニングできる」曜日・時間を確保することから考えたいところ。

 確実にトレーニングできる曜日・時間を確保しないと、あっというまに宿題が溜まってスキップの嵐。

 

レーニングする時間帯は朝でも夜でもいいと思うが、自分の場合は、夜トレーニング→風呂→ストレッチ→就寝というサイクルが自分にあっている。

 これまでにいろいろ試行錯誤していて、早朝トレーニングもやってみたが、昼間の仕事に影響がでたため断念した。

腹がすぐに減ってしまい集中できない、午前中にもかからず猛烈な睡魔に襲われるetc

 

週末は、大事なロングライド(実走)の機会でもあり、前日の飲み会(での深酒)は控えるようにしておき、バイク点検もちゃんとしておいて、ロングライドの最中にできるだけトラブらないようにしている。

 

 ちゃんと計画ができれば、あとは実行するだけ。

自分が強い意思をもって行動するしかないね。