Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

木更津トライアスロン リレー

 

木更津トライアスロン リレーに参加してきた。

来週の佐渡国トライアスロン リレーに向けた最終調整のためでもあり、仕上がり具合がみたいところ。

 

 

  

天気

晴れ予報で、最高気温は36℃らしい。平熱ですね

風は3mぐらいの予報。

 

 

リザルト

オリンピックディスタンスだったが、酷暑によりバイクとランの距離が短縮された。

 

リレー

タイム: 1:26:17 (バイクラップは、0:42:33で2位)

リレー総合:3位(リレー混合:1位)

 

公式リザルト

 

 

イクラップは、参加者全体の中で1位を目指していただけに残念・・・。

 

レース当日のタイムライン

5:00 起床

5:30 車で自宅を出発

6:45 アクアライン経由で指定駐車場に到着

7:30 トランジションエリアにバイクをセット

9:15 ウォームアップ開始

10:00  ウォームアップ終了

10:20  レーススタート(スイムパートスタート)

11:46  レース終了

 

補給食

水 ロングボトル1本

メイタン サイクルチャージカフェインプラス200  2袋をミニボトル1本にいれて水で希釈

 

 ※自衛隊の滑走路はゴミ厳禁なので、ボトル or ミニボトルしか補給食として持って走れない。

 

 

結果考察

酷暑によりバイクとランは短縮され、混合リレーチームとしては、バイクとランパートでタイム短縮するつもりだったので、リレー総合1位狙いには不利な感じに(リレー混合は大丈夫だとおもうが)

 

 

バイクパートは6周から4周に短縮されたので、6.6 x 4=26.4km。

単純に考えると 10min x 4 = 40min というところか。

 

 

ウォームアップ

今回はElite kuraを持っていって、アップ用バイクをつかってウォームアップを行うことに。暑さのあまりメニュー最後のZ5が辛い・・

peakscoachinggroup-japan.blogspot.jp

  

 

アップ終了後、アップ用バイクで移動しトランジションエリアにスタンバイ。

スイムパートは通常の距離なので、メンバーの実力からすると23minあたりかなと。

 

スイムパートは先頭から3min以内であがってきてくれた。

 

40kmのレースだったら3minは十分射程距離だが、今日はバイクの距離が短縮されている分、先頭に追いつけるか微妙なところ。

 

LAP1

自衛隊の滑走路にでると広々としたコースに「おお〜いいね!」と思わずニヤリとしてしまう。ただ、滑走路のあまりの広さに騙されて、直線距離が結構あるのに突っ込みすぎた。

ただ、ステムを30mm低くしたおかげで空気抵抗は減少しているのか、出力の割にスピード維持はしやすい。

9分台前半。

 

LAP2

暑さで汗が止まらないので、追い風区間に入ったタイミングでこまめに水分補給をする。そうこうしていると、なんか横っ腹が痛くなってきた・・・。

ここも9分台

 

LAP3

コース上には途切れなく選手が走っており速度差があるため、絶対接触しないようにコース右側キープし、かつ追い抜くときは「右空けて〜」と連呼していたので安心して走れた。コース上にはディスクホイール使用者がほとんどいないので随分アドバンテージいただいていたかなと。

ここも9分台

 

LAP4

ラストだしと、滑走路の向かい風区間を踏み込んだら、その後の追い風区間で思うように速度をあげられず、残念ラップ。

暑さによる痛恨の判断ミス。

ここは10分台。

 

しかも、降車してからトランジションエリアまでのランが長い・・・

 

 

その後のランパートは女性メンバーだが、6kmをあっという間に走り終えて、メンバー揃ってゴールへ!

というかランが速いのでゴールスプリント(^^)

 

 

Lumina 10月号は、木更津トライアスロン特集号らしいので、誰か買って見せてもらえると嬉しいですねえ。きっとジャージ姿が写っていると期待したい。

 

 

 

 

 

走行データ

LAP1〜LAP4が周回単位の走行時間。

距離が短いからと最初から突っ込みすぎた典型的な失敗TT。

しかも、LAP 4 では向かい風区間で意気込みすぎて重いギア踏みすぎた結果、平均ケイデンスが下がっているとともに、平均ペダリングバランスが酷くなっている。

 

心が(TT)

 

f:id:kensuke_jp:20180826185742p:plain

 

 

 

次回に向けた改善点

  • TTでは最初の10minは抑えめにいくこと。各LAPの時間差が大きくならないように、各LAPでの出力変動を抑える(1Lap 9:30あたりがベスト)
  • 平均ケイデンスをもう少し上げるべき(平均ケイデンスは90rpm以上がベスト)
  • 腸腰筋を意識したペダリングをするべき(忘れると踏み込むペダリングとなりケイデンスが低くなり、左右パワーバランスも崩れる)
  • 暑いからといって、水分補給を過剰にしないこと(横っ腹がいたくなる?)
  • (木更津のみ)朝は7:00までに移動し、ゴールエリアに休憩場所を確保する。
  • (木更津のみ)帰りはアクアラインを使用せず、館山道・東関東道を使って移動する。

使用機材

フレーム:Trek Speed Concept 9

フロントホイール:Bontrager Aeolus 5(Tu)

リアホイール:Corima Disk D2(Tu)

タイヤ:Continental Competition 25mm

シフト:SL-BSR1

フロントディレーラー:FD-9000

リアディレーラー:RD-9000

クランク:FC-9000(50-36)with   ペダリングモニター

カセット:CS-R8000(12-25)

ブレーキ:Bontrager Speed Concept integrated brakes

サドル:Selle SMP Chrono