Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

SMPコンポジット

SMPコンポジットは、使いだしてから既に8年以上。

最初は形にびっくりしたが、使ってみると見事にお尻にフィット。

何キロ乗ってもお尻が痛くならない!

 

SMPコンポジットはパッドが薄いので硬そうに見えるが、実はサドルの座面は適度にしなり振動吸収してくれている(気がする)ので、長時間座っていて快適。

今では、パッドが厚めのタイプや幅広のタイプもでているのでより自分にあったものが選択しやすい状況といえる。

 

 

そんなわけで、SMPコンポジットを購入してから、途中サドルの表皮を張り替え、ずっと同じものを使い続けている。今は他のサドルに手を出す必然性がない。

 

 

 

これだけ自分にあっているサドルなのだが、先日周回練習したときに急に腰の痛みがでた。今までになかったことだし、何が原因なのかと冷静になって調べてみた。

 

どうですか?このサドルのねじれっぷり。

サドル先端は右下がり

サドル後端は左下がり

と、左右が水平になっていることろが殆どない・・・・

 

 

これは、サドル取り付け時のシートクランプの取り付け位置の問題だった。

ボントレガーのシートクランプは左右が独立しているので、シートレールとシートクランプの角度をちゃんとあわせてからとりつけないと先のような悲劇が・・・

 

 

シートレールとシートクランプが水平に保持されるように、シートクランプの位置を調整。いわゆる基本中の基本 → 俺

 

 

 

下記は整備し終えたところ。

ついでに新品のSMPコンポジット(白)に変更。ここはちょっと奮発。

とはいえ、これまで使っていたものは表皮を張り替えてまた使えるようにしておこう。

 

 

 

 

 

 

SMP のサドル調整は気をつけなはれや!

 

公式ビデオ

自転車のシート取付 SelleSMP - YouTube