Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

FTP・体重を設定する方法

パワートレーニングの基本数値となるFTPと体重は、各解析ツールを使う際に必要になるので予め設定しておく必要がある。

 

特に、TSS IFの値は、FTPをベースに算出するので設定は必須。

 

 

FTPおよび体重がどのパラメーターに影響しているかは下記を参照。

https://cyclo-sphere.com/help//faq/help_faq_myworkouts_8

 

 

 

 

 

Cyclosphere編

FTPの設定

自分で入力して設定する必要がある。

FTPの測定日も記録できるので、ワークアウトの結果を参照する際に、その時期のFTPと合わせてTSSやIFを自動的に算出してくれる。

 

ちなみに、SGX-CA500等のパイオニア製サイコン上で入力したFTPと体重はCyclo-Sphereでは使用しないとのこと(しらんかった・・・)

 

 

設定のガイド

Cyclo-Sphereで一部のパラメータが表示されないお客様へ

 

 

 1. Cyclosphereにて、「統計データ」の画面にて、「編集」ボタンを押す

f:id:kensuke_jp:20180204082410p:plain

 

 

2. 「FTP」のタブを選択し、「日付」「FTP」を入力して「追加・更新」ボタンを押す

f:id:kensuke_jp:20180204082430p:plain

 

 

3.入力した値が反映されたことを確認する

f:id:kensuke_jp:20180204082437p:plain

 

 

 

 

体重の設定 

1. Cyclosphereにて、「統計データ」の画面にて、「編集」ボタンを押す

f:id:kensuke_jp:20180204082410p:plain

 

2. 「体重」のタブを選択し、「日付」「体重」を入力して「追加・更新」ボタンを押す

f:id:kensuke_jp:20180204084209p:plain

 

 

3.入力した値が反映されたことを確認する

f:id:kensuke_jp:20180204084212p:plain

 

 

Training peaks編

FTPの設定

自分で設定する必要がある。

ワークアウトの結果等にて、現在のFTP設定値を超えた場合は自動的に更新することが可能。

但し、FTPが下がった場合は自動的には更新されないので、シーズンオフなどでFTPが下がった状態の場合などは、自分で設定してやる必要がある。

 

 設定のガイド

How to Set your Thresholds and Calculate your Zones – TrainingPeaks Help Center

 

 

 

1. Training peaks にログインし、アカウントの「Settings」 を選択

f:id:kensuke_jp:20180204085404p:plain

 

2. Account Settings の画面にて、 「Zone」→「Power」を選択する。

Auto Calculation の欄にて

Choose Typeを「Threshhold Power」

Choose Methodを「Andy Coggan(6)」

を選択し、「Calculate」ボタンを押し、「Save」する。

※Andy Coggan以外にも選択肢はあるが、一般的に使用されているものを選択したほうが無難。

f:id:kensuke_jp:20180204085452p:plain

 

 

 

体重の設定

Training Peaksでは、自分で体重を設定する必要がある。

 

1. Training Peaksのカレンダーで「+」を選択し、Add Otherの中から「Metrics」を選択する

f:id:kensuke_jp:20180204094109p:plain

 

2. Metricsの画面において「Weight」を入力し「OK」を押す。

f:id:kensuke_jp:20180204094112p:plain

 

 

 

 

 

自動連携サービスの活用

いわゆるスマート体重計(測定結果をWebに自動的にアップロードしてくれるタイプのもの)があれば、Webにアップロードした結果をTraining Peaksに自動的に連携できる可能性があるので調べてみるといいかも。

 

私の場合は、NokiaのWithingsを使用していて

Withings→NokiaのWithingsサイト→Training peaks と測定結果を連携させているので

毎朝測定した体重は、そのまま自動的にTraining Peaksに取り込まれる。

残念ながら、Withings → Cyclosphere への連携機能はない。

 

設定のガイド

Withings products – TrainingPeaks Help Center

 

 

Withingsが接続可能なアプリ(as of 2018/02/04)

f:id:kensuke_jp:20180204095008p:plain

 

 

 

WithingsよりTraining Peaksに体重・体脂肪率の情報が取り込まれた例

Metricsの値として、Withingsで測定した時の体重・体脂肪が取り込まれている。

f:id:kensuke_jp:20180204093642p:plain

 

 

 

Zwift編(おまけ)

Zwiftは解析ツールではないが、ついでに記載。

Zwiftの場合は、FTP・体重がキチンと設定されていないと、Zwift内での走りが変わってしまうので、設定が必須事項のためここにまとめて記載あり。

ユーザ・プロファイル(Age‐年齢, Weight‐体重, FTP‐閾値パワー)のメインテナンス – Zwift サポートハブ

 

FTPの設定

Zwift | News - Zwift How-To: Understanding & Finding Your FTP

自分のFTPがわからないZwifterのために、FTP測定のワークアウトも案内されている。

 

 

体重の設定

上記リンクを参照