Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

漸く復活

今年のツールドおきなわの怪我が漸く治った。

 

 

レース中の落車(左側に倒れた)際に

・地面で左脚付け根あたりを強打

・左脇腹付近を何か(ハンドルかな?)で強打

 してしまい、ゴール直後からみるみるうちに痛くなった左脚は、歩く度に左脚付け根あたりに刺すような痛みが走り、

左脇腹は筋肉を痛めたようで、寝転んだ際の起き上がりと咳をする際に痛みが激しかった(痛い箇所の周りにグリップっぽい模様がついていた)

 

 

 

以前、右脚の大腿骨転子部を怪我したのは6年前。

その時は手術後2週間程度で退院して、手術後1ヶ月程度で歩けるところまで回復していた。年齢とともに回復力が落ちているのは仕方ないとしても、メスを入れていないので1ヶ月以内には歩けるところまで回復したいところ。

 

 

 

 

リハビリ1日目

怪我の状態をみてもらわないと始まらないので、沖縄から東京に戻ってそのまま錦糸町佐々木整形外科で診察を受ける。

骨に異常はなく、筋肉を打ち付けたことによる痛みではないかとのこと。手術不要とわかり一安心。

とはいえ、杖をついて歩いて帰るのがやっと。左腰のあたりに強い痛みが残る。

幸いなのは、椅子に座っているだけであれば全く痛みがないこと。

 

左脚の痛み 10/10     歩くには杖が必須

左脇腹の痛み 8/10      起き上がれる時痛いし、咳すら痛くてできない

 

 

 

リハビリ6日目

再度、錦糸町佐々木整形外科にて診察を受ける。痛みが和らぎつつあるのとまだ薬が残っていたので話を聞いてもらうだけに。

杖をついて歩く際に、不用意に左脚に体重が乗ると強い痛みが走る。ちゃんと治るか不安になる・・・

 

 左脚の痛み     7/10

左脇腹の痛み 6/10    咳したり深呼吸するだけで痛い

 

 

 

リハビリ12日目

もらっていた湿布を必ず貼っていたのがよかったのか、脚の痛みはかなりひいてきて、室内限定だが、杖なし・伝え歩きなら出来るようになる。

外を歩く際には杖が手放せないのだが、杖を使っているおかげで公共交通機関に乗るとほぼ100%席を譲ってもらえる。今はとても有り難い。

回復に向かっていることを実感できたのは嬉しい知らせ。

 

左脚の痛み     5/10

左脇腹の痛み 3/10

 

 

 

リハビリ18日目

歩行時の痛みはかなりひいて、自転車にもそーっとのることも出来るようになった。とはいえ、自転車にまたがる際に左脚に体重が乗ると痛みが出る感じ。

漸く杖が不要になった。

杖がないので見た目は健常者だけど、痛みが発生しないよう慎重に歩くので遅いし、走るなんてことはもってのほか。とはいえ、杖を使わず歩行できるようになったのは有り難い。

 

左脚の痛み     3/10

左脇腹の痛み 1/10

 

 

リハビリ24日目

歩行時に痛みを感じることがなくなった。試しにちょっと走ってみたら走れる!もう完治と言っていいんじゃないかな。

 

 

 

 

 

大人しくしていたら、ちゃんと治ってくれた身体に感謝したい。

これで自転車トレーニングも復活だな。