Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

Zwift ASIA 100km 右ペダリングに難あり?

Zwift のお供にエリートのクイックモーション(3本ローラー)

 

 

先週といい、今週といい、ずっと雨だなんてどうかしてるぜ

 

 

トレーニング量を確保するためにも、Zwift ASIA 100kmにエントリー

このイベントでは、リーダーが終始しっかりペースコントロール(ペース上げすぎるなとか登りはこのペースでとか走りながらアドバイス)してくれるので有り難い。

 

 

出力は2.5〜3.0 W/kg の設定なのだが、参加者は重量重めの平地番長が多いのか、彼らにとっての3.0 W/kgが、自分にとって3.3 W/kg 付近になってしまう・・・体重軽い分頑張る必要あり。

 

ケイデンスは、Zwiftでは同じワット数でもケイデンス低めのほうがスピードが出ている気がするので、平地番長系の集団スピードについていくためにも、平均ケイデンスは81rpm と低め。

 

 

シッティングをこのケイデンスで走っていると、何故か1.5hあたりから右臀筋の付け根あたりに痛みが出てきた。

仕方ないので、痛みを和らげるため登りなど出力アップが必要なところはダンシングででクリア。

 

ケイデンスが落ちる(80rpm前後)と、左右ペダリングの出力差が大きくなっている(46.5%: 53.5%)ことからも、右脚のペダリングで負担が掛かっているのは間違いない。

 

 

 

そんな感じで、2.5hちょい。

 

 

 

 

このイベント、ベーストレーニングには最高なので、12月に入ったら毎週末、参加になりそう。

 

 

Duration:  2:39:17

TSS:        178.8

IF:            0.82

平均P効率: 53.9%