読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

チーム練 のち 落車

本日はチーム練に参加。

 

今日もコースが分からないので、大人しく皆さんについていくことに。

往路は小パックに分かれて、先頭交代しつつ進む。1時間ほど経ったところで一時休憩。

 

復路でちょっとペースを上げると、私ともう1人(坂バカジャージさん)が飛び出しちゃったので「この先、道わかります?でしたら、このまま行けるところまでペースで行きましょう」と声がけして、私のトレーニングに付き合っていただくことに。

 

坂バカジャージさんは、そのジャージの通り軽量級ヒルクライマーっぽく、登りは問題なさそうだけど、平地巡航がつらそう。

 

水先案内役として付いてきてもらいたいので、平地は私が多めに引いて、登りはお互いペース走で進む。

私が先頭を引く際には、270W前後をキープすることで、スピードを落とさず交代して走れていたように思う。

 

 そうこうしているうちに、秋元牧場そばの登り口まで辿り着いた。

 

この先は自分でも道がわかるので、シッティングで登りのペースを上げてみる。登りも1分程度で登りきれる距離なので、6W/kgを目安で走っていると、坂バカさんもダンシングで着いてくるがかなり息が上がっている感じ。これなら切れそうだ。

ほぼ同着で頂点を通過した後に、下りで踏むと息づかいが聞こえなくなり、どうやら離れた模様。

 

その先の信号待ちで一度追いつかれたものの、再びペースで走っている間に1人旅となり、ゴール地点でお約束のインターバル練習(6W/kg :1minちょい ✕ 2本)をやって終了。

 

 

週に一度だけ、外を走れる貴重な機会なので、無理せず続けていこうと思う。

 

Duration 3:07:02

TSS        194.9

IF            0.79

 

 

 

ゴール地点から帰る途中、帰り道を確認するため一度歩行者用通路に移動しようとしたところ、歩行者用通路の入り口の段差が施工されたばかりらしく、恐ろしく滑りやすい状態になっていて、何年かぶりに単独落車。

 

昨日のASIA 100kmといい、終盤は油断大敵デス。