読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

セオフェス エンデューロ ソロ(2時間)

 

 

5時に起きて、車で移動したが、6時30分には駐車場に到着。

このレース会場は自宅から近くていいです。

(何気に、ツールドおきなわ対策に走っていたコースに面するところにレース会場があることが判明)

 

天気

当日晴れたが、朝は結構寒くて、徐々に暖かくなった感じ。

朝到着したとき、駐車場は気温2 ℃くらい。

レースが終了した頃は、気温15℃くらい。

 

 

ちなみに、コースは前日の雨が乾いておらずウェット状態のままだった。

 

 

リザルト

セオフェス エンデューロ ソロ(2時間)

タイム: 02:00:28 

順位:       16位 ※

 

12/1 正式リザルトでは、やはり先頭集団だったことが判明。

ちょっとだけ順位が上がっていたが、集団の一番うしろである事実は変わらず。

最周回だと気づかずに、1mmも集団スプリントせずに終わったので当然の結果

 

結果考察

 

f:id:kensuke_jp:20161128084819j:plain

あまりに寒いし2時間しか走らないので、

補給食として、

・水ボトル1本(CCDドリンクを溶かしたもの)

・メイタン サイクルチャージ カフェインプラス 

 だけ。

 

ウォームアップをかねて、7:30-8:00の間試走をしてみると、コース上が結構濡れている。こういう状態だと、コーナーで必要以上に減速・加速が起きるので、できるだけコーナーで減速せず、リスクのないスピードにて駆け抜けたいところ。

特に、第4コーナーと第9コーナーが要注意。

 

アップダウンはちょっとだけあった(1周で17.74 mぐらい)ものの、斜度が緩いし登りじゃ差が付きにくそうな印象。

 

初めて走るコースは、必ず試走しておくことが重要です。

 

 

 

レースは、8:30にローリングスタートで開始。

ローリングスタートなのでゆっくり始まるかと思いきや、リスク回避をしたい人達が前に前にでてきちゃうものだから結局リスクが前に移動するだけ(><)。

 

ほっとくとどんどん後ろになっちゃうので、20番目以内ぐらいを意識的にキープする感じ。いろんなレベルの人達が一緒に走ることになるので、当然のことながらコーナリングのうまい人、苦手な人と様々。こればっかりは走っている中で見極めるしかない。

 

1周の平均速度は40km/h で進行。

 

30分ほど経過した頃に、2時間組と4時間組を分ける動きあったおかげで、2時間組だけ前方にあがり、2時間組の集団ができる。おかげでその後非常に走りやすかった。

コーナーリングも皆さん安定しているので、安心して走ることができました。

 

50分過ぎぐらいに、第1コーナーから逃げが出来たものの、下り終えたあとの登りで自らブリッジを掛けて集団をドッキング。

 

その後も、おおよそ3周に一度ぐらいのペースで、ホームストレート〜第1コーナーからの登り の区間を中心に、少人数の逃げができるが、見通しが良い場所で行われるのと、登りの後の下りの集団効果のお陰で、殆ど一周とかかることなく逃げが吸収される。

逃げる人も結構入れ替わり立ち替わりだったが、最後まで逃げ切ろうという強い意思の逃げではなくて、ちょっと余力のある選手が次々に集団にボディーブローを繰り出す感じだった。

 

 100分過ぎぐらいには集団も鎮静化され、ゴールスプリントにむけ気持ちが向かっている感じ。この先頭集団の頭をとれば必然的に1位ということになる(勘違いその1)。

とはいえ、この集団人数もソロ・チームをあわせると20名以上はいそうなので、最後のコーナーをできるだけ前であがることが重要な気がする

 

115分過ぎに、最終コーナー(ホームストレートへのちょっとした登り箇所)で集団のスピードが結構上がりだす。最終周を逃げ切りたい人達が前に上がってる感じかなとおもってシッティングでついていってると、集団前方ではどうやら皆さん必死でもがいている様子。

 

お、いよいよ本気の逃げだ(勘違いその2)

 

さて追いかけるかと気合いれようとしたら、前方の方々はゴールラインを通過した途端に一斉にペースダウン。

 

あれ?俺、やっちゃった?

 

 

 

気になってすぐそばにいた2時間組の人にきいてみると、「レース終わっちゃいましたねー」と爽やかな返事。

 

(TT)

 

ローリングスタートの1周分を2時間のカウントに入れず走っていたので、まだあと1周とおもってた〜

 

おかげで余裕ありまくり(TT)

 

念のためにリザルトみても、見事集団の一番うしろ。

しかも先頭集団ではなく、3位集団であったことが判明(1位、2位は一緒に逃げていた模様。でもどこで逃げ出したのかな?)

 

 


 

くやしいから試乗車(一番上の写真のマドン9)を借りて、プチスプリントやってやりました!マドン9は本当にいいマシン。

 

使用機材

フレーム:Trek Madone 6.9

ホイール:Bontrager Aura 5(CL)

タイヤ:Panaracer Race D Evo 3
シフト:ST-7900

フロントディレーラー:FD-7900

リアディレーラー:RD-7900
クランク:FC-9000 (50-34) with   Pioneer ペダリングモニター
カセット:CS-7900 (12-23)
ブレーキ:BR-7900


 

 

 

ペダリングモニターのデータ

80kmになっていないのは、ローリングスタートの1周分がカウントされていないから。

マックス出力はなんと1周目でした(><)

 

Workout Name
:
2016-11-26 08:35:36
Start Time
:
2016/11/26 08:35:36
End Time
:
2016/11/26 10:31:57
Riding Time
:
1:56:22
Distance
:
76.69 [km]
Elevation Gain
:
558.5 [m]
TSS™
:
151.3
Interval Intensity
:
100 [%]
Avg. Cadence
:
75.3 [rpm]
Avg. Speed
:
39.4 [km/h]
Max. Heart Rate
:
172 [bpm]
Avg. Heart Rate
:
153 [bpm]
Max. Pedaling Power
:
712.8 [W]
Avg. Pedaling Power
:
185.5 [W]
Max. Pedaling Efficiency
:
74.1 [%]
Avg. Pedaling Efficiency
:
45.9 [%]
NP™
:
222.6 [W]
Avg. Power Balance (L : R)
:
47.4:52.6 [%]
Standing Rate
:
1.9 [%]

 

次回に向けた改善点