Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

富士チャレンジ200


レース全体の感想
今年は序盤のペースで結構脚にきた感じだった。
登りの箇所では先頭集団は300W超えを数分継続するので、インターバル的な走りが足りなかったのが正直なところ。


今年左側が追い越し車線になっていたのは喜ばしい決定だと思う。追い抜かれる人達はコース右側を走ることになるので、少なくとも自分のいた集団で危ないという思いは皆無だった。



リザルトのすぐ上に知っている人の名前が...コース上でもお会いしたのかな?


リザルト
クラス   ソロ100km
タイム   2:31:20
順位    30位




レース準備

5:30に家をでて、7:30前には到着。
意外と肌寒い。
即着替えてウォームアップをする。


今日は100kmなので、

  • ボトル×2
  • ジェルフラスコ×2(ジェルフラスコ1本あたり、パワージェル×2をいれて、ちょっと水で希釈したもの)

のみ。


レース状況
1時間経過:
先頭集団からついに切り離し
第2集団っぽいのを形成してラップを重ねる。
ちょっと脚に違和感を感じたので後ろの人に前に出るよう促すと、鶴見さんでした。
ドラマや映画でお会いするが、チャリで走っている姿を見たのは初めてかも?
レックはピカピカだったな。


1.5時間経過:
右脚のふくらはぎがつりそうだぁ〜 と思っていたらきた!右ふくらはぎ→右すね→左ふくらはぎとわずか5分ほどの間に連続してくる。
流石に着いていくのが困難になり、この際に第2集団から切り離し


2時間経過:
先頭集団(5〜6人)に1Lapされる。
俺も弱くなったもんだ...
その後でかい集団がきて10名程度同じ色のゼッケンがいるのを確認。


2.5時間経過:
1人なのでマイペース走行しつつ終了。



んー 悔しい!




計測データ(詳細) 
富士チャレ:
Duration: 2:32:40
Work: 1764 kJ
TSS: 217.1 (intensity factor 0.924)
Norm Power: 231
VI: 1.2
Pw:HR: -0.31%
Pa:HR: 1.46%
Distance: 100.271 km
Min Max Avg
Power: 0 641 193 watts
Heart Rate: 21 240 164 bpm
Cadence: 32 177 91 rpm
Speed: 13.3 68.2 39.3 kph
Pace 0:53 4:31 1:32 min/km
Hub Torque: 0 3 0.7 N-m
Crank Torque: 0 118.3 20.1 N-m