Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

Duke University

今日が最終日。
各国でのビジネス事情も聞けて面白かった。


午後からDuke Universityへ移動。
自分は知らなかったのだが、全米の大学バスケのチャンピオンとのこと。
研究機関としても有名らしい。





学食っぽいところで食事をし一息をつく。
こういうところでゆっくりしていると、大学のキャンパスって考え事をするにはいい場所だなぁと思う。
もう一度大学にはいりてー。



「USにいってきました感」が必要かなと、妻と娘の土産をここで購入。
Dukeのロゴ入りデザインは本人達の評価待ち(^^)



キャンパスで自分が興味をもったのはNPO・NGOのキャリア・セミナーで、大学生のインターンシップの募集を行っていた。
日本でもこういった光景が当たり前になる日がこないかな?
日本のNPO/NGOも、もっとインターンシップを募集するアピールをしたほうがいいと思う。




その後は、こっちに来た一番の目的ともいえる自転車ショップめぐり。
分かったことは

・クリンチャータイヤばかりで、チューブラータイヤをほとんど扱ってない。
・ヨーロッパブランドの自転車は皆無
・タンデム・キャリアーバイクなど豊富






タンデムトラックですかね?ブレーキないっす。





もう一つ。大きなお店で、レンタルバイク(MTB・ロード)も扱っている。
よほど自転車を借りて走りにいこうかとおもったが、Raleighが寒くて冬ウェアをもってきてなかったのでレンタルせずじまい。





夜はまたまたSouthPointへ移動しFirebirdsで最後の晩餐。
ここの肉+赤ワインを味わい、初めてRaleighの肉料理が美味しいと思えた(^^)

ここは本当にお薦めです。


でも、カロリー摂取過多のため帰国したらすぐに消費するための活動を再開しなきゃ。
US滞在期間中に少しでもトレーニングしようとおもって、Compexを持ってきたものの一度も使わずじまい。
意味ないっす。