Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

耳が痛い

今日は、4月19日に退院して以来のはじめて診察。

久しぶりに墨東病院にいくと、朝から待合場所は大盛況。
日本の高齢者がさらに増えたら、ここがさらに混雑することは想像に難くない。


健康であればこんなこと気にも留めなかったとおもうが、医療現場を身をもって知った今となっては、どうすれば二度と病院にお世話にならずにすむかを考えたい。



「チェンジメーカーII」を読みながら、番号が呼ばれるのを待つ。




整形外科の先生(手術の担当医)にお会いすると


「お、もう杖なしなんですね。順調そうですね。ちょっと右脚をまげてみましょうか。」

と右脚をまげたりひねったりされるが特に痛みは感じない。


「痛みはない?おお〜、すごい。お年寄りだと同じ怪我でもこんなふうにはいきません」


と、嬉しい言葉が。


「ただ、大怪我ですから、順調だからといってくれぐれも無理しないように。自転車に乗ってトレーニングするなんてもってのほかですよ」
脚の筋トレとか絶対しないで歩くだけにしてくださいね。完全に治るにはまだ時間が掛かりますから」


耳が痛い。