Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

復活にむけた準備

こけたら立ち上がるべし。


1.自転車のオーバーホール

実は、2008年12月以来のオーバーホール。
定期的なメンテナンスは必要だと思うし、自分でできる範囲(駆動部の清掃および注油ぐらい)はレース前などやっていたものの、グリスアップやホイールのふれとりなど自分ができないところはプロにお願いせざるを得ない。


ただ、代車がない私にとって、2週間も自転車に乗れないのが不満でオーバーホールが後回しになっていた。


今回幸いなことに2週間以上乗れない(TT)ので、プロにお願いすることに。


2.サドルの修理

人に教えてもらったところ。

サドル工房 アティーク Atk
http://www.ac.auone-net.jp/~atik/

SMPの修理依頼は多いとのこと(やっぱり高いサドルだからな〜)
自分の場合は、革の張替えだけなので5000円で済むらしい。

修理からあがってきたら、写真をアップする予定



3.破れたアソス上下の修理

今年からアソスが始めたらしい。冬物の上下が見事に修理必要な状態。

ジャケット:転倒による破れ
パンツ:乗車時の摩擦による破れ


修理可能かどうかも含めてまずは見てもらうようにしよう。
修理の見積もり料金より、新品を購入したほうが安くついたりして!?

次使うのは冬だし、今なら問題ない。



4.ハンドル
こけたときにアスファルトでちょっと削れていたけど、アルミなのでまだまだ使える。
バーテープを巻きなおせば外見から分からないし。





とまあ、自分の気に入ったものはずっと使い続けるというスタンスなので、これからも長い付き合いになりそうだ。