Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

ご提案

本日もお迎えの車に乗り込みクライアントのオフィスへ移動。

渋滞は昨日よりは幾分かましに感じるが、傍目にはカオスな状態であることには変わりない。

今回SOWの対象になっている新システムの要求仕様書的な資料を貰ったが非常に薄い(TT)。

よって、クライアントからのヒアリングが必要で、午後にミーティングセットしヒアリングを実施。

と合わせて、わが社のIndiaの人が新しいソリューションを提案しにきていたので同席する。

新しいソリューションは、簡単にいうと携帯電話によるSNSみたいなもので情報提供は音声のみ。

情報提供者に一定の情報提供料を支払うようなビジネスモデルが簡単に作ることができ、SEWAの目的にまさに当てはまるもの。

事前に登録してある会員情報に基づき、その会員が必要としている情報を携帯電話から引き出せる仕組みらしいが、そんな簡単に山ほどある情報から必要な情報を引き出せるんかいな...疑問だ。




インドは識字率が64.8%(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/india/data.html)らしく、地方にいくほどこの割合が低くなるそうで、意外と文字が読めない・書けない人が多く、マーケティングを考える上でコミュニケーション手段は重要な要素になるそう。

日本は識字率が100%に近く、どこでもインターネットが使える(PCor携帯)環境だと、このソリューションは全くフィットしなさそうだが、インドではありとおもえるソリューションだ。

しかも、インド国内のローカルの言語へ自動的に変換し発声してくれるらしい。