読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

決戦用ホイール with Powertap


前輪は完組ホイール CORIMA AERO+
クイックなしで565g



後輪はCycleops Powertapハブ(20H)+CORIMA AEROリム+DT Swiss Champion 2.0
クイックなしで952g


20Hのカーボンリムとなると選択肢がZIPPかCORIMAぐらい。
CORIMAのAEROリムの20Hは、日本に在庫がないので本国から取り寄せてもらった。
待ちましたよ...


最近リリースされる完組のカーボンホイールのリアは大抵20Hなので、スポークパターンが均等間隔のものならばらしてリムだけ使うという手もある。
(実際、シマノのカーボンホイールにPowertapハブを組み込んでいた人がいたような...)



今回のパーツのカタログ値の積み上げは
CORIMA AEROリム  370g
Powertapハブ  416g
DT Swiss Champion2.0 140g(20本) 
Nipple 20g(20個)
合計946g

おお、理論値と実測がほとんど合ってる! って喜ぶところじゃなくって当たり前。


ちなみに、CORIMA AERO+の完組ホイール(後輪)の重量はカタログ値で770gなので、
Powertapハブとスポークが重量が、完組と比較した際の重量増の大半を占める。
DTのRevolutionで一旦組んでもらったのだがやわやわだったらしい。

後輪は丈夫さが命なのでChampionで十分だな。