Take Action

家族と自転車をこよなく愛する

TRY360改めTRY200

今年、草津ルートを選択したのは全部で6名(Shimizuさん、Horiuchiさん、Kishiさん、Itohさん、Atsushiくん、私)
ただし、Atsushiくんと私だけ、時間の都合で草津を上らず軽井沢に抜けて新幹線で東京へリターンする予定。


時間的にはこんな感じで進んだ。
3:00 自宅発
3:20 蔵前署前で草津ルートメンバーに合流。
5:00 川越の7−11で休憩
7:50 伊勢崎のファミマで休憩
10:20 中之条のセーブオンで休憩
12:20 長野原大津の7−11で休憩
14:10 軽井沢のとんぼの湯に到着
16:21 軽井沢駅で新幹線に乗車
18:20 自宅着


総走行距離:218km




本日は直江津に行く猛者達のアシストに徹するため、道中可能な限り前を引く。
ペースは上げ過ぎずかといって楽しすぎない程度をキープ。ずーっと向かい風だったおかげでいい感じに脚に疲労がたまっていた。
長野原大津の7−11までチーム一丸となって無事到着(1名、到着直前にスパートしてたが完全放置)
皆よく頑張った。といっても直江津組にとっては文字通り「山場」が残っている。


ここで集合写真をパチリ。なんか表情に疲れが見える?これから直江津まで頑張れ〜


Atsushiくんと2人で軽井沢を目指して登りだすが、力が入らなくなりハンガーノック(><)。
しかも疲労感バッチリなためいくら踏めども前になかなか進まない。
回りを見渡すと、このあたりは実に沖縄っぽい景色。高江〜源河あたりの山中のアップダウンで一人寂しく乳酸と戦っていた時のことを思い出す。乳酸で脚がまわらないってこんな感じだよな〜
この感覚を今日味わえたのはよかった。


今度沖縄組で軽井沢チャレンジと称して最速をトライしてみるか?
荒川河川敷を通れば都内をスキップできるし、休憩は3回あれば十分でしょ。
東京から長野原大津まで180km走ったあと、ここの登りは源河の3段並に脚にきくよ〜



なんとか峠(峰の茶屋のあるあたり)も越えてとんぼの湯へ。とんぼの湯はレストランも併設されており、とてもいい感じのお風呂だった。
道中の汚れもきれいさっぱり。ここおすすめ。

きれいになったら、あとは軽井沢駅までチャリで移動する。半袖短パンじゃ寒いっす。
駅についたらすぐに輪行の準備をし、車中で食べるものを調達する。


やっと一息つけるぜ〜 
今日はよく頑張った。







5:00 川越の7−11で休憩
まだ暗い。1名駐車場内でこけた。




7:50 伊勢崎のファミマで休憩
もう明るい。ここに到着するまえ尿意を催しこっそりペースアップするも、皆にペースダウンして!と注意される。






10:20 中之条のセーブオンで休憩
写真とりわすれ。登り区間に入るのでとりあえず食べた。辛いものがとてつもなくうまく感じる。





12:20 長野原大津の7−11で休憩
直江津を目指す猛者達と別れた。達者でな〜





16:21 軽井沢駅で新幹線に乗車
この瞬間のために今日は頑張った。Atsushiくんと乾杯する。お疲れ〜!